Ideal Reality

パソコンのある生活を良くするためのサイト

PYNQ-Z2初期セットアップ

https://pynq.readthedocs.io/en/latest/getting_started/pynq_z2_setup.html

公式のガイドがあるのでPYNQ使うような人はこんな記事いらないと思うけど、一応残しておきます。

スポンサーリンク

必要なもの

  • USB電源
  • microUSBケーブル
  • microSD (最低8GB)
  • LANケーブル
  • ※LAN環境(DHCPが使えること)

※LAN環境がなくてもパソコンのEthernetポートに直接繋いで使うことができます。しかし、その方法はここでは書かないので、公式のガイドを参照してください

起動用microSDの用意

イメージのダウンロード

4月3日現在、PYNQのサイトからダウンロードしようとするとXilinxのサイトへのログインを求められます。

しかし、TULのサイトからならそのままダウンロードできるので、こちらを使いましょう。

http://www.tul.com.tw/ProductsPYNQ-Z2.html

下の方にスクロールするとダウンロードリンクがあります。最新版(現2.5)をダウンロードしましょう。

書き込み

ダウンロードしたファイルを解凍するとimgファイルが出てくるので、こちらをmicroSDに書き込みます。

Raspberry Pi用にRaspbianのイメージをSDに書き込むのと同じ要領でOKです。

microSDカードのマウントを解除してから、

sudo dd if=/path/to/pynq_z2_v2.5.img of=/dev/rdiskN conv=sync bs=1m

ddでmicroSDに書き込みます。ifはダウンロードしたimgファイルのパスを、ofはmicroSDのデバイスファイルを指定します。ofはmacOSなら/dev/rdiskN(Nは数字)、Linuxなら/dev/sdX(Xは小文字アルファベット)のような名前のはずです。

スポンサーリンク

起動

引用: PYNQ-Z2 Setup Guide
  • ①のジャンパーピンがSDになっていることを確認
  • ②のジャンパーピンがUSBになっていることを確認
  • ③の位置、基盤の裏側にmicroSDカードスロットがあるので、用意したSDを挿入
  • ④のmicroUSB端子に電源を繋ぐ
  • ⑤のEthernet端子で有線LANに繋ぐ
  • ⑥のスイッチをON

ブラウザからPYNQにアクセス

PYNQはルーターに繋ぐとDHCPからIPアドレスを取得します。PYNQに接続するときはそのIPアドレスが必要になるのですが、PYNQには画面がないので直接確認することができません。

そういう時はarp-scanを使うと便利です。

LAN内のデバイスをスキャンして、MACアドレスとIPアドレスを表示してくれるのに加えて、MACアドレスからデバイスのメーカーを推測してくれます。

PYNQ-Z2の場合はC.P. Technology Co., Ltd.というメーカーで検出されました。これでIPアドレスが分かるので、あとはブラウザからhttp://192.168.X.Xといった形でPYNQにアクセスしてください。

無事接続できるとログイン画面が出てくるので、初期パスワードのxilinxでログインしてください。

Jupyter Notebookが開ければ無事セットアップ完了です。

スポンサーリンク

チュートリアル

getting_startedディレクトリ内にチュートリアルが存在するので、ここから勉強するのがいいでしょう。

base_overlay_videoではHDMIのバッファを直接操作するのですが、なかなかPCでは出来ない事なので結構楽しいです。

スポンサーリンク

コメント

投稿されたコメントはありません

名前

メールアドレス(任意)

コメント

関連する投稿

NewarkでPYNQ-Z2を購入したらぼったくられそうになった件