Ideal Reality

パソコンのある生活を良くするためのサイト

2019年8月30日 17時05分

FedoraのChromeで表示される”組織によって管理されています”を消す

なんだかんだ言ってChromeはやっぱり便利なので、Linuxでも使いたいですよね。

Fedoraの標準で使えるリポジトリにChromeはないのですが、以下のコマンドで直接rpmのURLを指定すれば簡単にインストールすることができます。

sudo dnf install -y https://dl.google.com/linux/direct/google-chrome-stable_current_x86_64.rpm

(参考) Fedora 28: ウェブブラウザのGoogle Chromeをインストールする

※Fedora 30でもこれで問題なくインストールできました

ただ、なぜかChromeを起動すると、個人で使っているPCであるにも関わらず、組織によって管理されていますとの表示が・・・

これがあったところで、特に利用制限されていたりはしないのですが、感じ悪いので消してしまいましょう。

スポンサーリンク

Chromium用の設定を消す

ターミナルを開いて、

sudo dnf remove fedora-chromium-config

を実行するだけで大丈夫です。

(参考) Chrome Policy List on Fedora

日本語で調べてもヒットせず、この参考サイトをすぐに見つけることができなかったので、ここにメモで残しておきます。

スポンサーリンク

コメント

投稿されたコメントはありません

名前

コメント

関連する投稿