Ideal Reality

パソコンのある生活を良くするためのサイト

dnsmasqのdhcp-hostが効かない時の確認事項

dnsmasq.confdhcp-hostを変更したのに、DHCPで設定されたIPアドレスが取得されないってことがあったので、備忘録的なものです。

Contents
スポンサーリンク

dnsmasqの再起動

これは当たり前。これをやっても更新されなくて困った

$ sudo systemctl restart dnsmasq

DHCPリースの解放

原因はこいつでした。すでに存在していたIPアドレスに対するdhcp-hostを別のマシンに割り当てる形で書き換えを行なっていると、以前のマシンのMACアドレスでDHCPリースが残ってしまってるみたいで、それが邪魔してdhcp-hostに指定したIPアドレスが新しいマシンで割り当てられなかったみたいです。

$ sudo systemctl stop dnsmasq
$ sudo vi /var/lib/dnsmasq/dnsmasq.leases # ここで該当するIPが記載されている行を削除
$ sudo systemctl start dnsmasq

以上のようにdnsmasqを止めてからdnsmasq.leases内の該当する行を削除、dnsmasqをstartしなおせばOKです

スポンサーリンク

dnsmasq.confのチェック

今回これは関係なかったのですが、一応知っておいた方がいいかもしれないやつです。dnsmasq.confの文法が間違ってないかチェックしてくれます。

$ sudo dnsmasq --test
dnsmasq: syntax check OK.
スポンサーリンク

コメント

投稿されたコメントはありません

名前

メールアドレス(任意)

コメント

関連する投稿

SwiftUIでステータスバーの色を変える方法4つ

Mac OS Xを振り返る その2

NO IMAGE

[SwiftUI]SwiftUI App Life Cycleに変更したアプリが、アップデートした端末で起動できない時の対処法

NO IMAGE

MyDNSでLet’s Encryptのワイルドカード証明書を自動更新する

NO IMAGE

Podmanでvolumeマウントする際のSELinuxコンテキスト

Vagrantでnginx